中高年のワーキングプアだからこそ、自分の時間を大切にする働き方に

失業率の低下や人手不足。そんな景気のいい話もなぜか他人事なのが、ワーキングプアな中高年の非正規労働者。ならば、いっそのこと安い仕事はほどほどにして、残り少ない人生を自分のために使う働き方にチェンジしよう。

生活に必要な最小限の収入さえ確保できたら、浮いた時間を目いっぱい自分だけのために使う生き方もあるんじゃないか? っていうお話です。

生産性が向上したって、非正規労働者は報われない

企業で働いていれば「生産性」って言葉を何度も聞いたことがあると思う。「我が社が生き残るには生産性の向上が不可欠だ!」とかね。また近頃じゃ、先進国の中で日本人の生産性が低いなんてことが問題視されている。

なんか、とにかく生産性が向上すればOK! みたいな雰囲気ってあるよね。でも、それって誰トク?

生産性向上って言うと効率良さそうでスッゲーいいことに聞こえるけれど、労働者にとっちゃ同じ給料で今まで以上に働かされるだけ。

スーパーの特売で「袋に詰め放題」ってあるけど、あれはいかに隙間を作らずに詰め込むかが勝負。それと同じように、企業も労働力を購入しているわけだから、限られた時間にできるだけ多くの仕事を詰め込みたい。

だから生産性が向上して今までより早く仕事が終わっても「帰っていいすか?」とはならない。その時間にさらに仕事を詰め込むから生産性が上がる。つまり労働者はいくら生産性が上がってもラクになることはない。

生産性向上 ⇒ 企業の利益が増える ⇒ 従業員の給料も増える

こういう流れになるなら生産性向上バンザイ! \(^o^)/ なんだけど、今どきの企業は従業員に還元しないから、生産性が向上したって労働者にメリットはない。_| ̄|○

本来の生産性向上ってのは、いかに少ない労力で大きな成果を得るか、ってのが目的なんだけど、日本企業はそれで働く人がラクになることは少ない。

不景気になれば人を減らして、残った人たちの労働時間が増える。景気が良くなったら残業させられて、やっぱり労働時間が増える。

もちろん残業手当は増えるから、それを見越して生活を組み立てる人も多い。でも、それはある程度まともな待遇をしている会社の正社員だけ。

最低賃金で働くアルバイトや人身売買業者にピンハネされてる派遣労働者は、いくら残業したって、基本給が安いから残業手当も安い。だからワーキングプアは、働けば働くほど心身ともに消耗していくだけ。

企業がいくら生産性向上をお題目のように唱えたって、その結果、非正規労働者が報われることはない。

いくら働いてもラクにならないなら、その働き方が間違ってるのかも?

もし、あなたもワーキングプアなら、いっそのこと安い仕事に費やす時間を減らすことを考えたらどうだろう? 仮に週6日も働いているなら4~5日に減らすか、1日の労働時間が短い仕事に替える。

もちろん収入は減るけど、時間ができればやりくりできることも増えるし、なにより自由に使える時間が増える。

こう言うと、「フルタイムで働いても生活が苦しいのに、仕事を減らしたら余計に苦しくなるだろ!」って言われるだろうね。それもわかる。

でもね、毎日ヘトヘトに疲れるまで働いても生活が苦しいなら、それは働き方が間違っているんじゃないか? と考え直すチャンスかもしれない(ほんとうは世の中が間違ってるんだけど)。

今日も明日も朝から晩まで働いて、それで何も残らない。そんな生活を続けるくらいなら、できるだけ自分の時間を取り戻す。とくに、おいちゃんたちのような中高年のワーキングプアが手に入れられる幸せは、もう自分の時間しかないんじゃないだろうか?

こんなこと言うと、「うちは子供にも金がかかるし親の介護もしなけりゃならない。おまえみたいに遊んでられるか!」って、お叱りの言葉もいただくかもしれない。

たしかに世の中、おいちゃんのように一人暮らしで気ままなワープアライフを送っている人ばかりじゃない。だからこれは、一人暮らしや子育ての終わった非正規のオッサンやオバサンに語りかけていると思ってちょうだい。

先の見え始めた人生だからこそ、自分の時間は何よりも大切

昔、2chで流行っていた言葉に「働いたら負け」っていうのがあったけど、そんな引きこもりのニートは論外として、もうある程度先も見えてきた我々ワープアなオッサンやオバサンは、いかに自分が自由に過ごせる時間を増やすかを考えたほうがいい。って言うか、自分の時間=人生こそが、何よりも一番大切なもののはず。

非正規労働者で貧乏な暮らしでも、部屋には生活に必要なものは一通り揃っているはずだよね。高度経済成長期のように、働いたらテレビが買える、洗濯機が買える、なんて時代じゃない。

東日本大震災のあと、豊かさに対する考え方が変わったという人が増えたそうだ。さっきまで、いつもと同じ日常を過ごしていた人たちが一瞬で津波にさらわれていく様を目にしたことで、人生観が大きく変わったんだろうね。むしろ変わってあたりまえ。

企業の生産性が向上したってワーキングプアは報われないし、「この仕事は山田さんと鈴木さんに任せよう」じゃなくて、「派遣とバイトにやらせよう」ってんじゃ、やりがいもクソもない。

オレやワタシじゃなくてもいい仕事なら、遠慮なく他の誰かにやってもらって、その分の時間を取り戻すのも幸せじゃないかな? って、おいちゃんは思う。

したっけね!