動画配信サービス、旧作くらいもう少し安くしてよ

おいちゃん、仕事から帰るとよくAmazon Primeビデオで映画を観るんだけど、このあいだ時事通信のWebサイトにこんな記事があった。

映画ネット配信、15.7%契約=レンタル店全く使わない6割-時事世論調査

時事通信の8月の世論調査で、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況を聞いたところ、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が15.7%に上る一方で、「映画を見るためにレンタル店を全く利用していない」とする回答が60%を占めた。

最近はNetflixとかHuluのユーザーが増えているらしいから、動画配信サービスの利用者はまだまだ増えていくだろうね。その一方でツタヤやGEOのようなレンタル店は、徐々に斜陽産業に落ちぶれていくかもしれない。

とくにツタヤは本屋とビデオっていう、ネットに駆逐されてる業種の合わせ技だけに、いったん落ち始めたら坂を転げるように早いかもしれない。

おいちゃんもAmazon Primeに加入してからはツタヤまで足を運ぶことがなくなったし、会員カードも期限切れのままだけど、ネットでビデオが見れるから不便は感じない。

ネットの動画配信サービスって、レンタル店で感じる不満が一切ないのがいいね。どんなところが嫌いかっていうと、

おいちゃんの「レンタルビデオ店のここが嫌い」Best 4!

ツタヤに限らず、レンタル店の嫌いなところは

  • 作品を探すのに時間がかかる
  • シリーズものに欠品がある
  • ディスクの再生面が汚い
  • 返すために店まで行くのが面倒

などなど。

作品を探すのに時間がかかる

面白そうなビデオはないかと店内を見回すのも楽しみのうちだけど、気が付くとすぐに1時間くらいは経っちゃう。それに、せっかく来たからには5枚くらいまとめて借りたいから、だいたいいつも1時間から1時間半はかかってしまう。

その時間でビデオ一本観れるよね。

シリーズ作品なのに欠品している

もうね、こういうのがあると店の姿勢を疑っちゃう。

まえに『北の国から』を1作目から借りて見たんだけど、最終話の『2002遺言』が欠品していたのはがっかりしたわ~。最後の最後に、そりゃないだろ~!

ここのツタヤ、他のシリーズ作品でも途中で欠品していることが多い。やっぱりシリーズ作品は全巻揃っていないと見る気しないよね。

ディスクの記録面が指紋だらけで汚い

記録面にベタベタと指紋が付きまくってるとか、傷だらけのディスクも多いね。

スタッフがアルバイトばかりだからディスクの清掃なんてやらないんだろうけど、商品を汚れたまま貸し出すってことが論外。

おいちゃん、別に几帳面な性格じゃないけど、途中で読み込みエラーなんてイヤだから、再生する前に眼鏡拭きで拭いてる。そのたびに「拭いとけよ!」って思うわ。

返しに行くために店まで行きたくない

レンタルのループにはまってしまう元凶がこれ。借りたものは返すのが当たり前だけど、

返しに行ったついでに他のビデオを借りる。

それを返しに行ったついでに他のビデオを借りる。

それを返しに行ったついでにまた他のビデオを借りる。

・・・・・

以下、これが数回続きます。

そんなこんなで、近頃はわざわざレンタル店まで行きたいと思わない。

ネット配信なら見たい作品も部屋の中でのんびり探せるし、見終わってから返しに行く手間もないし、シリーズ物が欠品していることもない。

ただ、動画配信サービスにもマイナスポイントはある。

配信するだけなのに料金高すぎない?

ツタヤなら旧作は100円で見られるけど、配信サービスだと旧作でも300円とか500円もする。

配信サービスは自動的にデータを送るだけだし、在庫のスペースをとるわけでもない。人件費も店舗の維持費もかからないから、リアルのレンタル店より経費は少ないはず。

なのに、なんで料金がレンタル店より高いのが納得できないから、有料の作品はできるだけ見ないことにしている。だって500円も払って、しょーもない作品だったらイヤだしねえ。

せめて旧作はレンタル店と同じ100円にしてくれたら料金を気にせず見るんだけどね。

動画配信サービスの各社様(とくにAmazonさん)、ぜひもう少し有料ビデオの価格を見直してくれませんか? って、おいちゃん思うわ。

したっけね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする