銀行マンって、今すぐ不要な職業でOK!

投信、顧客46%が損失…一部銀行が手数料稼ぎ

投資信託を保有していた顧客の半数近くが損失を抱えていたことが金融庁の調査でわかった。一部の銀行が、同じ顧客に何度も商品を売り買いさせる「回転売買」で手数料を稼ぎ、個人の資産形成を妨げている恐れがある。

『ナニワ金融道』に同じような話があった。

小学校の教頭先生が南京豆の先物取引を持ち掛けられ、損をしては業者に甘いことを言われて買い続け、最後は学校もクビになって工事現場で誘導員をする羽目になった、という話。

おいちゃんは投資信託というものがどんなものか知らないけれど、信託というからには、どこに投資するかを相手に任せてしまうというものなんだろう。それで儲けられると思うほうが甘いね。

とはいえ、金融庁の監督下にある銀行が投資家を食い物にするというのは許せない。

銀行マンもAIによって消滅する職業に入っているけど、こんな連中はさっさと失業させたほうがいい。どうせ帳簿を見るしかできない、それだけの連中なんだし。

投資するならAIに任せたほうがマシという時代が、すぐそこまで来ているかもね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする