杉田水脈さんバッシングに思うこと

ちょっと前に自民党衆議院議員の杉田水脈さんが雑誌に寄稿した「LGBTは生産性がない」とうい記事が炎上していたよね。

おいちゃんは雑誌の記事を読んだわけじゃないけれど、バッシングするほうも、されるほうも対応がおかしいんじゃないかと思います。

確かに不適切な表現であったかもしれないけれど、今までに野党議員が不適切な発言をしても、マスコミは基本スルーだったよね。与党議員だから叩いてもいいなら、それも立派な差別。

同じようなことが春にもあって、そのときは自民党参議院議員の和田政宗さんが、財務省の文書改ざん問題についての質問で「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているんじゃないですか」と言ったことで家族まで脅迫されたという一件があった。

これも余計な一言だったかもしれないけれど、あのときもテレビをはじめとしたマスコミのバッシングは酷かった。脅迫したほうじゃなくて、されたほうを叩くんだからね。

自民党の、それも安倍総理に近いとされる保守系議員がちょっとでもマズい言い方をすれば、鬼の首を取ったように叩かれる。そんな状況なのに、杉田さんも脇が甘かった。

おいちゃんは個人的には杉田水脈さんを支持している。

杉田さんは落選中も国連の人権委員会に乗り込んで主張をしてくるなど、国士として活躍してきた実績がある。だからこそ去年の衆院選で安倍総理が自民党から出馬させたんだろうけど、もう少し与党議員としての自覚があればよかったと思う。

おいちゃんが杉田さんに対して残念に思うのは、ふだんはYouTubeの番組などでビシバシ切り込んでいる杉田さんが、自分がバッシングされた途端に息を潜めてしまったこと。

こういう対応を見ると、「人のことはガンガン追求するくせに自分のことになると急に鳴りを潜める野党議員と同じじゃないの?」と思ってしまう。

杉田さんは、まだ野党議員だったころと同じ感覚のまま言論活動をしていたのかもしれないね。

もしかすると、自民党のお偉いさんから「しばらく黙ってろ」と釘を刺されたのかもしれないけれど、それでも一言くらいは自分の言葉で発信してほしかったなあ。

でも杉田さんには、これをいい経験にして今後も日本のために頑張ってもらいたい。

おいちゃんは、そう思います。

したっけ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする