「節電」の呼びかけは政府や電力会社がとる正しい方法なのか?

北海道では未だに安定した電力供給が復旧していません。震災でダウンした苫東厚真発電所が完全に復旧するのは、当初の予想から大幅に遅れて11月だといいます。

11月って言えば、北海道はもう冬。ここ数年は初雪が降るのも早く、一面の雪景色になっていてもおかしくない時期です。しかも今年は早くも朝方の気温が氷点下まで下がったところも出てきました。

道内の約半分の電力を担っていた苫東厚真発電所が停止している今、政府や北電が道民に節電を呼び掛けるのは一見すると当然のように思えます。

でも、本当にそうだろうか?

こんなときに苫東厚真発電所よりも大きな発電能力を持つ泊(原子力)発電所が、検査の名目で停止させられたままでいることに疑問を感じるんだよね。

  • 苫東厚真発電所:総出力165万キロワット
  • 泊発電所:総出力207万キロワット

福島第一原発の事故以来、原発反対派の声が大きくなりすぎて、政府も電力会社もこうした左派連中の批判を受けないように声を潜めてる。

原発についての正しい理解を求める努力を!

今回の胆振東部地震のあと、札幌の病院では非常用電源に使う燃料を求めて、職員が街じゅうのガソリンスタンドを駆け回ったという。もし二度目の大規模な停電がおきたら、また多くの人命が危険に晒されることになる。

老朽化した火力発電所に鞭打って発電している状況じゃ、いつまた大規模な停電が起きないとも限らない。その一方で、安定した電力供給ができる泊発電所は停止されられたまま。

原発反対派の声が大きいのなら、それ以上の大きな声で正しい情報を伝えればいい。そんな努力を政府も電力会社も行ってきたかな?

そうした努力を怠ったまま、厳しい冬を迎える北海道民に対して節電ばかり呼び掛ける片手落ちな態度には納得できないものがあるんだ。

それなのに高橋はるみ北海道知事は街頭で呑気に節電のビラ配り。アルバイトがやるようなことを知事がやってもパフォーマンスでしかない。時給に換算したらいくらになるんだろう? その金額でおいちゃんが代わりたいわ。

菅官房長官にいたっては泊原発を「直ちに再稼働することはあり得ない」と明言する始末。たしか、原発は「重要なベースロード電源」じゃなかったっけ?

安倍総理が自民党総裁選を控えているから、下手に世の中を刺激したくないんだろうか? そうだとすると、ちょっと姑息すぎる。

政府と電力会社は今こそ北海道を初め、日本国民に対してわかりやすくて正しい説明を行い、原子力発電所の再開に向けて理解を得る努力をすることが必要だって、おいちゃんは思う。

したっけね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする