レジ袋有料化を義務づけ またなんか胡散臭い話が始まったか?

環境省が、スーパーやコンビニのレジ袋を有料化するように義務づける方針だという。なんだか話が急だし、また余計なことを始めようとしているんじゃない?

プラスチック製のレジ袋、有料化を義務付けへ

環境省は、スーパーやコンビニなどで使われているプラスチック製レジ袋の有料化を義務付ける方針を固めた。膨大な量の使い捨てプラスチックごみが深刻な海洋汚染を引き起こしていることが国際問題となっている。来年の主要20か国・地域(G20)首脳会議で議長国を務める日本として大幅な削減対策を進める。

別にG20の議長国だからって、よそから言われてもいないことをする必要はない。それを、温室効果ガスの削減目標を決めた京都議定書のときみたいに、自分の首を絞めるようなことを言いだして、どうすんだと。日本国民の誰が、そんなことを頼みました? って話だよね。

レジ袋が無料だからプラスチックゴミが増える、っていう論理もピンとこない。レジ袋なんて、昔みたいに燃やせるごみを入れて、そのまま焼却処分すれば済む話。それを誰の利権なのか、国民に高いゴミ袋を買わせて分別の手間まで押し付けてる。

燃やせるゴミはレジ袋と一緒に出して、ガーっと燃やしてしまえばいい。

そうしたらダイオキシンがーっていう人もいるだろうけど、ゴミ焼却施設はダイオキシンが発生しやすい250~400度より高い900度前後で燃やしているという。それでも多少のダイオキシンは出るらしいけど、燃やしたら多少なりとも有害物質が出るのは他の材質でも同じだと思う。

だいたい、最近になってから急にプラスチックゴミが話題になりだしたのが不思議。話が唐突で展開も急すぎるところにスッゲー不信感がある。

おいちゃんがプラスチックゴミ問題を最初に聞いたのは、今年の6月くらいに俳優のつるの剛士さんが『虎ノ門ニュース』っていう番組に出て、「海のゴミは街から出ている。だから街のゴミを減らさないとダメ」って、そんな意味の話をしていたのが最初。

それから急にプラスチックのストローを使うのは止めるべきだとかいう話を、あちこちで頻繁に見聞きするようになった。

おいちゃんは北海道だからか、海岸に集まる大量のゴミっていうのを見たことがないけど、もし日本のどこかの海岸がそんな状況なら、まずはそのゴミがどこから流れてきたものかを調べるのが先だと思う。

それで海を汚しているゴミが日本のものなら、レジ袋やストローをやめればいい。

でも、そういう筋道を吹っ飛ばして、「プラスチックゴミは国際問題だ。だからレジ袋は有料だ。だってG20の議長国だし」っていう話じゃ、全く筋道が感じられないどころか、バカなの? って言いたいくらい。

例えて言うなら、「町内のゴミステーションに誰かが大量にゴミを捨てています。だから各家庭のごみを減らしましょう!」というくらい、おかしな話。最初にすべきは、どこの誰が大量のゴミを捨てているのかを突き詰めることだよね。

きっと、江戸川コナンくんなら「あれれ~? おっかしいぞぉ~?」っていうと、おいちゃんは思う。

したっけ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする