DMやチラシの勝手なポスティングは禁止にできないんだろうか?

毎日のようにDMやチラシが玄関の郵便受けに投函されている。そのほとんどは一度も読むことなくゴミ箱行きになるんだけど、その処分にかかる手間やコストはこちら持ちだ。こうした勝手なポスティングを禁止することはできないんだろうか?

受け取らない権利を最優先するべき

DMやチラシが郵便受けに入っていることは、誰にでもよくあると思う。そして、そういうものに対してあまり違和感を感じない人も多いかもしれない。

でも、頼んだ覚えもないものを勝手に人の家に投げ込んでいくというのは、考えてみたら随分と乱暴なことじゃないだろうか?

もし投函されたのがチラシやDMじゃなくて、鼻をかんだ後のティッシュだったりしたらどうだろう? 明らかに軽犯罪だし、とうぜん警察に通報するだろう。

じゃあ、どうしてチラシやDMを勝手にポスティングされるのは当たり前で、しかも、こっちが処理しなくちゃならないんだろうか?

あらためて考えると、おかしいと思わない?

チラシやDMのポスティングは昔からある販促手段だけど、断りもなく入れていかれるのは、セキュリティとしても危ない。

毒物や劇物が投函される危険性も

もし、郵便受けから入れられたものが危険物だったらどうだろう?

「まさか!」と思うかもしれないけれど、実際にそういう事件があった。

先日、教祖の麻原彰晃(松本 智津夫)ら13人が死刑になったオウム真理教。

奴らは1994年にジャーナリスト江川紹子さんの自宅郵便受けからホスゲンっていう劇物を噴霧した。幸い江川さんの命に別状はなかったけれど、ホスゲンは死亡することもある毒性の強い物質だ。

アメリカでは2001年にテレビ局、出版社、政治家などに炭疽菌が入った封筒が送り付けられて、5人が死亡した事件もあった。

こういう手口で無差別テロが行われるっていう可能性だって、ないとは言えないよね。

まあ、そこまで心配すると話が飛躍しすぎかもしれないから、もう少し身近なレベルに話を戻そう。

昔のようにゴミを出すのにお金がかからない時代なら、邪魔くさいなと思うくらいで済んだけれど、今はゴミだって有料の袋に入れて出さなきゃならない。

さらに、そのままゴミに出せないものも多い。

DMの中には、こっちの個人情報が印刷されているのもある。とくに保険会社からのDMだと氏名・住所・年齢があらかじめ印刷済みってのが多い。こういうのはそのままゴミ箱ってわけにいかないから、ローラーケシポンで個人情報を消してから捨てるんだけど、それが毎回けっこうな手間なんだよね。

フリーペーパーやDMを禁止にしたら商売が成り立たない業種ってのもあるだろうけれど、まずは受け取るか受け取らないかの選択をする権利と、それをしっかり守らせる義務が必要だと思う。

電子メールだって広告を送り付けるときはタイトルに【広告】って入れなきゃいけないんだから、リアルなゴミになるものは、もっと制限するべきだって、おいちゃんは思うんだけど、どう思う?

したっけね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする