鴻巣市でまた共産党が自衛隊にイチャモン

ついこのあいだ、埼玉県鴻巣(こうのす)市のショッピングモールで予定されていた自衛隊のイベントが日本共産党に妨害された一件があったばかりだけど、間髪入れずにまた鴻巣市の共産党が嫌がらせをしています。

共産市議、空自航空ショーに中止要求 「戦闘と切り離せぬ」埼玉・鴻巣 迷彩服イベントに続き

ここまで執拗に自衛隊のイベント潰しにかかる共産党は、ほんとに民主主義の敵だね。一緒にイチャモンつけてる新日本婦人の会っていうのも実は日本共産党の関連組織。

日本共産党は「自衛隊は違憲だけど有事の際には戦ってもらう。でも、いずれは解体する」って都合のいいこと言ってる政党。

だいたい日本のような民主主義国にに共産主義政党があることが異常なこと。米国では共産党は違法になってるくらい。

あまり他県やよその街の悪口みたいなことは言いたくないんだけど、鴻巣市の人たちは次の選挙で少し共産党の議席を減らすように頑張ってほしい。と言っても、こいつら組織票でしぶとく当選してくるんだろうけどね。

共産主義者のような左翼は、きれいごとを言いながら自分たちの主義主張にそぐわない相手に対しては暴力的な圧力を仕掛けるのが手口。

口では「平和だ、平等だ、人権だ」と言いながら、それらを自分たちの都合のいいように利用する。

「迷彩服が不安を与える」と言う共産党員が迷彩服を着用していた(笑)

ケントギルバート氏「誰か早く「民主主義国に共産党があることに違和感があります」って教えてあげないと。」

前回のショッピングモールの一件で、日本共産党は子供に迷彩服を着せることに不安や違和感があるって言っていたけど、その共産党員がしっかり迷彩服を着ていたという証拠写真が暴露されてますw

言ってることと、やってることが違うのが左翼だけど、だからこそ共産党の言うことなんてまともに受け取っちゃダメ!

鴻巣市の商工会青年部には、こんな嫌がらせに負けずに頑張ってほしいし、そのためには鴻巣市民の人たちも応援してあげてほしいな、って、おいちゃんは思うよ。

したっけね!