子供が迷彩服を着たら誰が不安や違和感を感じるの?

「子供の迷彩服試着は不安」共産党要請で自衛隊イベント中止 埼玉・鴻巣

埼玉県鴻巣市の「エルミこうのすショッピングモール」で20、21日に予定されていた自衛隊のイベントが、日本共産党鴻巣市委員会などの要請で中止されたことが20日、分かった。

イベントでは自衛隊の子供用迷彩服の試着体験などが行われる予定だったが、市民に不安を与えるとして同委員会が15日にショッピングモールの館長に中止を求めていた。施設側が自衛隊埼玉地方協力本部にイベントの中止を申し入れ、同本部が受け入れた。

中止となったのは「夏休み特別企画!自衛隊と警察ふれあいフェスタ 2018」。イベントでは自衛隊や県警の合同採用説明会や軽装甲機動車の展示などが行われる予定だった。

館長に中止を求めたのは同委員会のほか、日本共産党鴻巣市議団、新日本婦人の会鴻巣支部、平和遺族会鴻巣支部などで、同党の鴻巣市議は「商業施設で子供たちに迷彩服を試着させるのは違和感があるとの市民の声もあり、要請した」と話している。

2018年8月20日 産経新聞Webサイト

子供に迷彩服を着せると、なんで「市民に不安を与える」の?

子供に迷彩柄のパンツをはかせている親だっているじゃん!

「違和感があるとの市民の声もあり」?

その市民って、どこの誰?

日本共産党は自衛隊をなくすと言っている政党だから、自衛隊のPR活動に反対するのは「党是としては」当然だろうけれど、圧力をかけて妨害するのは民主主義国で許されるやりかたじゃない。まあ、共産主義者にそんなこと言ってもしょうがないけどね。

自衛隊は会場側から中止と言われたらどうすることもできない。そのことをわかっていて、共産党は確信犯的にクレーム(と言うより難癖)をつけてる。まったく卑劣なやり方だ。

圧力で弾圧する左翼こそ、日本の敵、民主主義の敵

安倍総理が憲法を改正して自衛隊の存在を明記すると宣言してから、左翼連中がなりふり構わず妨害工作をしている。

このあいだの自民党衆議院議員の杉田水脈さんの「LGBTは生産性がない」という表現に対する野党やマスコミのヒステリックなバッシングも根っこは同じで、安倍総理に近い議員や保守系の言論人を徹底的に攻撃している。

日ごろは自由だ平和だと言いながら、自分と考えの違う他人の自由と平和は脅かすのが左翼のやり方。それこそ独裁主義者のやり方だよ。

日本は民主主義国なんだから、こういうやり方は許しちゃダメ!

今回の件は「ショッピングモールで予定されていたイベントが中止になりました」っていう単純な話じゃない。

こんなやり方こそ、日本の平和と安全を脅かす行為だって、おいちゃんは思うよ。

したっけね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする