北方領土の返還、前のめりになるより先にやるべきこと

ロシアのプーチン大統領が安倍総理に「前提条件なしで日ロ平和条約を結ぼう」と言ったことが話題になってるね。安倍総理はこれをシカトしたうえで「北方四島の帰属を解決して(から)平和条約を締結する基本に変わりはない」という声明を出した。

このプーチン大統領の提案は、あちこちで言われているように、日本に対して北方領土は諦めろと言っているのと同じ。そのくせ「経済協力は頼むよ」と言うつもりなんだから、盗人猛々しいとはこのことだ。

おいちゃん、前にもこのブログに書いたけど、日本がロシアに経済協力をすることには反対だ。むしろロシアは経済的に困窮させるほうが日本にとって都合がいい。

今、中国が米国からの経済制裁に困って日本にすり寄ってきたように、ロシア経済も弱体化させたほうが交渉はしやすい。なにしろ日本の周りにある国々は、ちょっと経済的に余裕が出てくると途端に挑戦的になるから、常に弱らせておくくらいでちょうどいい。

日本政府は、ロシア国民が「日本のおかげで豊かになった」と実感すれば北方領土の返還につながると考えているようだけど、そんな甘い期待で敵に塩を送るようじゃ、お人よしを通り過ぎてバカとしか言いようがない。

こう書くと、おいちゃんは「安倍政治を許さない」連中と同じかと思われるだろうけれど、基本的には安倍政権を支持してる。ただし、是々非々。安倍政権の政策のうち、ロシアへの経済協力については「非」という態度なだけ。

安倍総理は自分の任期中に北方領土問題と北朝鮮による拉致問題を解決すると明言したけれど、北方領土に関しては今すぐ急ぐ必要はない。急げば急ぐだけ敵に足元を見られるだけ。

じゃあ、どうするか?

北方領土問題は、憲法改正とセットだと思う。

憲法を改正して自衛隊を正規の日本国軍にしたほうが領土は取り戻しやすくなる。

別に自衛隊を北方領土に上陸させてドンパチやって取り戻せと言うつもりはないけど、ちゃんと日本軍が存在するだけで交渉力はグンと高まる。

考えてほしいんだけど、どうしてロシアごときがデカいツラをできるのか?

それはロシア軍があるから。

ロシアがクリミアを武力で併合したように、いざとなったら実力行使できる軍隊があるからこそ、他国に対して強い態度で交渉ができる。

言っとくけど、ロシアが大国だなんて嘘っぱちだからね!

ロシアのGDP(国内総生産)は日本の1/4くらいで、韓国よりも下。経済規模でいえばロシアなんて日本の足元にも及ばない弱小国でしかない。

そんな弱小国が大国のように思われているのは、ソ連時代にアメリカと張り合っていたことと、ロシア軍、そして核兵器を持っているから。

つまり、ロシアがデカいツラできるのは軍事力が源泉になっている。

それに対して日本は未だに米国から押し付けれられた「日本国憲法」を一字一句変えずに守って、自衛隊すら違憲のままでいる。

安倍総理は憲法改正で自衛隊を合憲にしたいというなら、北方領土はそのあとの問題にすればいい。そうするには今回の自民党総裁選で勝っても任期が足りないだろうけど、そこはワンクッションおいてから再登板するとか、後継者を立てて自分が院政をしくとか方法はある。

軍事力の後ろ盾がないままロシアに足元を見られて、しかも経済協力で敵の国力を増やしてどうすんだと。

おいちゃんは北海道で生まれ育ったから、昔から北方領土は身近な問題として認識してきた。だからこそ、今すぐ取り戻せるなんて思っていないし、前のめりになるべきじゃないと思ってる。

ロシアという国は絶対に信用できない国。自分ちの土地を盗んだ奴らと信頼関係を結ぼうなんてのが、おかしな話だってことは少し考えたらわかるでしょ?

ザギトワちゃんが可愛くても、それはまた別の話だって、おいちゃんは思う。

したっけね!