ファーウェイだけじゃない!中韓製品のリスクに鈍感すぎる日本人

アメリカ政府が中国の通信機器メーカーのファーウェイとZTEを安全保障上の理由から排除することに日本政府も追随した。これを素早い対応だと評価しているコメンテイターもいるけど、ハッキリ言って、おせーんだよ!

米国の政府機関では何年も前から中国レノボのパソコンは使用禁止にしているくらいなんだから、日本はもっと早くに中国製品に対して対策するべきだった。一事が万事というけれど、なんでもアメリカ様がやってから追随するという情けない政治からは、いい加減に脱却してもらいたい。

ところで、これだけファーウェイに関するセキュリティーリスクが報道されているのに、相変わらず同社のスマホがふつーに宣伝されているのには呆れる。IT系の情報サイトとか見ると、平気でファーウェイのスマホの宣伝記事を掲載している。

そりゃ記事を書いているライターは書いてナンボだろうけど、情報漏洩のリスクにはまったく触れずに、やれカメラの写り具合が素晴らしいだのと提灯記事を書きまくる。そして、そんな記事を読んで「ファーウェイのスマホ、マジいいカンジじゃね?」とか言って買うバカもいるんだろう。こういう連中はネットの世界では情弱(情報弱者)と呼ばれてバカにされるんだけど、情弱はスマホだけじゃなくパソコンユーザーにも多い。

レノボのPCを使ってるなんてのは論外だけど、意外と盲点なのが中国や韓国製のアプリを、そうとは気づかずに使ってしまうことがある。例えばマイクロソフトのOffice製品が高いから、代わりに中国製のパチモンOfficeを使っている人は結構多い。なにしろ、使い勝手はマイクロソフトOfficeとそっくりで価格は安いんだから、「これでいいじゃん!」って思う人が多いのもムリはない。でも、そこが中国製品の狙いなんだよね。

韓国製品だって安心はできない。

何年も前だけど、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」で情報が漏洩した事件は、職員が勝手にPCにインストールした「GOM Player」という韓国製の動画再生アプリが原因だった。

PCにも便利で使いやすいと人気のフリーソフトが多いけれど、安易にインストールしちゃうと実は中国や韓国製のアプリだっていうことが多い。とくにバックアップソフトとかパーティションソフトとか、あるとすごく便利そうに思えるアプリに中韓製品が多い。こういう手口は敵ながらうまいねどうも。

スマホでも状況は同じ。

以前「Shimeji」っていう日本語入力アプリが中国資本に買収されたときに「絶対に入力データは中国にダダ洩れだろうな」って思ったら、すぐにそのとおりのニュースが出て、ほんとわかりやすい展開で笑った。

さらに言うと情弱の証、かつ、みんな大好き「LINE」も韓国アプリだから、当然データは韓国にダダ洩れしていると思っていい。「タダより高いものはない」と言うけれど、便利さの裏には個人情報の提供という対価を支払っている。

こうした便利なアプリの中には、ちょっと調べたくらいじゃ中国や韓国製品だとはわからないアプリも多い。アプリの会社名をネットで調べてみて、はじめて本社の所在地が中国や韓国だったとわかる。でも、ふつーはそこまで手間をかけて調べないから、便利そうだなって思ったら、すぐにストンと入れちゃうよね。

おいちゃん、その昔にパソコンのユーザーサポートをしていたこともあって、一般のPCユーザーよりちょっ~とだけ詳しい部類に入ると思うんだけど、その頃から中韓製品はハード・ソフト限らず、お客さんにお勧めしてこなかった。その頃はまだ韓流ブームだったり日本企業が中国に大挙してイケイケドンドンだった頃だから、お客さん方も両国に対する警戒心とか全然なくて「中国製? 別に気にしないけど?」とか言われることも多かった。

でも、今どき中韓製品に何の脅威も感じずに平気で使う人って、言っちゃ悪いけど情弱っていうより、バカ?

ついでに言うと、つい先日、大規模な通信障害を起こしたソフトバンクはファーウェイ製の基地局だってことが大々的にばれたけど、知っている人のあいだじゃ、とっくに常識だった。つまりソフトバンクのユーザーはスマホのデータを中国に引っこ抜かれていると思って間違いない。

ほんとうはね、情報漏洩のリスクは中韓製品だけじゃない。マイクロソフトもアップルも米国政府の要求に応じてユーザーの情報を提供できるようにOSにバックドアを仕込んでいるという。つまり米国も中韓も、やっていることは同じ。だから米国は中国のファーウェイやZTEのリスクがよ~くわかってらっしゃる。どっちにしても情報漏洩のリスクがあることに変わりはないから、あとは「どっちがマシか?」という選択肢しか残されていない。

本当は純国産のOSやパソコン、スマホ、そしてアプリケーションでまとめられるといいんだけどね~って、おいちゃんは思う。

したっけ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする