近隣諸国への謝罪がない? 具体的にどこの国のこと?

画像:BLOGOS
http://blogos.com/article/318176/

今日は8月15日。日本では先祖の霊を迎えるお盆であり、敗戦記念日でもあります。

毎年マスコミは帰省ラッシュの渋滞や、国会議員の誰それが靖国神社に参拝したとかやってるけれど、おいちゃん、ちょっと気になったことがあった。

お盆というのに仕事でクルマを走らせていたら、北海道のHBCラジオが番組の途中で何度かニュースを挟んでいた。

日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で「安倍総理はこの6年間一度も近隣諸国に迷惑をかけたと謝罪していない」と言うわけ。今までの総理大臣はみんな謝罪してんのに、なんでアベは謝らないんだ! ってね。

じゃあ、日本が迷惑かけた国って、どことどこ?

迷惑どころか、日本が欧米列強と戦ったことで、植民地支配から独立できたと感謝してくれてる国だってある。

なんか、このニュースの言い方って、アジア諸国が一国残らずとばっちりを喰ってエライ目にあったと言っているようなものだった。

近隣諸国に謝罪しろなんて言ってるのは、日本を貶めたい反日活動家の連中だけ。

もし仮に迷惑かけたとしても、じゃあ、いつまで謝罪すればいいの? 日本は未来永劫ずっと謝り続けなければならないのか?

そんなことしてたら、戦争から何世紀経っても日本人は日本人としてのプライドを持てなくなる。そして、それが反日どもの狙いなんだろうね。

このニュース、別にHBCラジオ独自の原稿じゃなく、どこかの通信社が配信した原稿をアナウンサーが読んだだけなんだろうけれど、バラエティー番組の合間に何度もこんな言い方を聞かされると、リスナーは「日本は戦争で周囲の国に迷惑をかけた」って刷り込まれてしまう。つまり洗脳される。

このHBCラジオに限らず、マスコミって、こういう姑息な方法で視聴者を騙してくるんだからタチが悪いよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする